汗が出る出口は、アポクリン腺とエクリン腺の2種類しかありません

汗が出る出口は、アポクリン腺とエクリン腺の2種類しかありません

汗をかくということは、人間にとってとても大切なことです。

 

それでも、誰かと一緒にいるときなど、あせをかきたくない場面がありますよね。不快なニオイは、自分だけではなく、他の人まで不快にさせてしまうのでは?と、心配になってしまうこともあるかもしれません。

 

この汗が出る出口は、アポクリン腺とエクリン腺の2種類しかありません。一般的に匂いのある汗が、アポクリン腺から出るもので、一方エクリン腺から出る汗は無臭であると言われています。手汗は、エクリン腺から出る汗ですので、匂いはなく、他人からはあまり気にならない汗になります。

 

わき汗など、気になる汗のニオイは、できることなら最小限に抑えたいですよね?

 

不快なニオイは、実は食生活も関係していると言われています。近年日本人が欧米人が食べるようなジャンクフードを摂るようになってきたことも原因の一つと考えられています。肉類や脂肪分の多い食べ物は、皮脂の分泌が増加するのでニオイの原因になりやすいからです。

 

和食を見直し、大豆食品や野菜、海藻類など、バランスよく摂取することをおススメします。また、熱いものや辛いものなどの刺激物や、コーヒーなどのカフェイン、たばこに含まれるニコチンも、発汗に影響すると言われているので注意が必要です。さらに、ストレスをためすぎてしまったり、睡眠不足で寝不足になってしまったりすることなども、ニオイの悪化を招きます。やはり規則正しい生活を心掛けることが大切なのですね。

 

また汗をかいてしまったときは、そのまま放置せずに、なるべく早く拭き取ることが肝心です。

 

そのまま放置してしまうと、みるみる雑菌が繁殖し、ニオイが広がってしまう原因になるからです。手汗、わき汗、足汗など、洗い流せる時は洗い流してしっかり拭き取るか、市販の汗ふきシートなどを利用して、こまめに拭き取ると効果的でしょう。常に肌を清潔に保つことが、汗のニオイを防ぐ秘訣だと言えそうです。