AGAは発症の原因を理解して出来るだけ早期に治療を始める

AGAは発症の原因を理解して出来るだけ早期に治療を始める

まだ若いのに薄毛に悩まされる男性の多くがAGAです。

 

一般的に知られるようになった薄毛ですが、このAGAの一番大きな原因になっているのが、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの影響で脱毛作用の強いDHTに変化することだと言われています。健康な髪においては成長期、退行期、休止期といった3つのサイクルを周ることで髪が成長しては脱毛していきます。ヘアサイクルは健康な髪で2〜6年ですが、AGAになるとヘアサイクルが1年と短くなってしまいます。本来は育つ過程のはずの髪の毛がDHTのせいでしっかり育たないまま脱毛していくため、生えるよりも抜けるほうが早くなり薄毛になってしまいます。

 

AGAになると頭頂部のハゲやM字ハゲになる人が多いのですが、これは頭頂部や前髪の生え際に5αリダクターゼが多く存在しているためです。髪というのは60を過ぎれば男女問わず少しずつ減ってしまうものですが、AGAの場合は男性ホルモンの影響でそれが早期に起こっているものですので治療をすることで進行を食い止めたり改善することもできるのです。遺伝で薄毛になってしまうとどうしようもないと思っている人も少なくはありません。確かにハゲに関係のある遺伝子も発見されていますし、母方からこの遺伝子を引き継いだ場合は薄毛になる可能性も高くはなります。例え遺伝であろうとAGAであるのなら治療をするしないでのちのち大きく差が出てきてしまいます。

 

治療薬として効果の期待できるのは、脱毛の原因になっているDHTを抑制する作用のあるプロペシアです。薄毛の治療には皮膚科や内科でも処方してもらうことが出来ますが、進行を食い止めるだけではなく薄毛を積極的に改善したいのでしたらAGAを専門に取り扱っているクリニックです。同時に外用薬を使ったり、発毛を助けるためのビタミン剤などの処方を、その人に合った組み合わせで処方してもらうことが出来ます。AGAは発症の原因を理解して出来るだけ早期に治療を始めることで、薄毛改善にも期待が出来る症状です。